R.レイのMMT入門 第三章第三節 金融危機における中央銀行のオペレーション:最後の貸し手

(ここはサクッと・・・。引き続き誤字や意味不明箇所のご指摘を期待します)


第三章 国内の金融システム:銀行と中央銀行
 第一節 国の通貨建てのIOU
 第二節 決済と債務ピラミッド
 第三節 金融危機における中央銀行のオペレーション:最後の貸し手
 第四節 銀行のバランスシート、銀行の貨幣創造、銀行間決済
 第五節 外生金利と量的緩和
 第六節 中央銀行と財務省の共同オペ、そのテクニカルな詳細
 第七節 財務省の債務オペレーション
 第八節 中央銀行と財務省の役割についてのまとめ


3. 金融危機における中央銀行のオペレーション:最後の貸し手

金融の危機における中央銀行の重要な役割は、需要に応じて金融機関に準備預金を提供する「最後の貸し手」として機能することだ。 かつてこの機能の主たるものは、預金者が預金を現金に換えようとする「取り付け」をストップすることだった。昨今、「取り付け」は預金保険のおかげでめったに起こらなくなっている。 現在起こるのは、担保を取っていない債権者が短期貸付の「ロールオーバー」を拒否するという形が大半だ。世界金融危機では、銀行が資産の借り換えることができなくなった。債権者が、満期になった負債の支払いを要求したからだ。FEDは借り換え資金の提供に踏み切る必要に迫られた。本節では、FEDの「通常の」貸出業務と「最後の貸し手としての」貸出業務のそれぞれについて見ていこう。他の中央銀行も似たような実務を行っている(欧州中央銀行(ECB)はこれらとは異なり、各参加国がそれぞれ自国の銀行について責任を持つ形態だ。後で見るようにヨーロッパでの危機ではECBも介入を余儀なくされることになった)。

第一に、FEDによる通常の貸し出しでの役割だが、それは日中の当座貸越だ。各銀行はその日の終わりまでにこれを清算しなければならないことになっている。これは皆さんの当座預金口座も備えているであろう「当座貸越」のようなものだ。リーマンブラザーズ問題(世界金融危機の引き金になった)が起こる以前では、FEDによる当座貸越の日中の残高は平均で約500億ドル、ピークの時間帯で約150億ドルというところだった。このように、FEDによる多額の貸出は常に行われているのだ(但し危機の後、銀行は大量の準備預金を過剰に保有することになったため、この当座貸し越しは激減している)。大事な事として、銀行はこの当座貸し越しを毎日の終わりに清算しなければならないが、これは準備預金を “一晩”借りることで実現する。資金不足の場合、銀行は民間の「フェデラル・ファンド」市場から借り入れる。このファンドが利用できない場合に、FEDは銀行の適格資産を割り引いて一時的に準備預金を貸し出す(ここで「割り引いて」とは、資産が担保として提示されるということで、すでに説明したように一晩分の利息が支払われるという意味になる)

第二に、FEDは常に、”一晩”の貸出し及びディスカウントウインドウからの貸出し(当座貸越)に「印」を付けてきた。その目的は、銀行が当座貸越を当日中に清算するように仕向けることだとされている。 他のいくつかの中央銀行場合は、「印」を付けずにこれらの貸出しをしている。FEDによる準備預金供給の大部分は、公開市場を通じた国債の購入を通じて行われていて、これはむしろユニークなのだ。さらに、米国のシステムが他のインターバンクシステムとは異なり高度に分権化されていていることが状況を複雑にしている。どういうことかというと、FEDの公開市場取引では十分ではない状況になることが珍しくない。この取引だけでa)FED自身のバランスシートの変化を清算し、b)全銀行の準備預金需要が満たされるだけの準備預金を循環させる、には十分でないことになりがちだ。米国のシステムの複雑さに伴うこの二つの問題により、実際の金利はFEDのオーバーナイト目標レートよりだいぶ高くなる。準備預金をFEDから借りるのではなく、他の銀行から余剰準備預金を借りるしかないからだ。

そういう状況は危機においては悪い方向に働く。銀行同士が警戒し合うため、オーバーナイト金利は目標のだいぶ上まで跳ね上がりがちということになる。但し、それでもFEDが最後の貸し手(LOLR、a lender of last resort )として行動しているということに変わりはない。FEDがLOLRとしての行動をとることには平時も危機の時も同じなのだが、危機の時は値段が望ましい水準のだいぶ上になる(金利が目標よりもだいぶ高くなる)というわけだ。危機の最中、FEDはもっといろいろな行動をとらなければならないとの認識に至った結果、LOLRとしての取り組みを大規模に実施するべく、何種類かの「常設貸出ファシリティー」(訳注:通常のオペより長めの大口流動性供給手段)を設置した。伝統的なディスカウント・ウインドウでの貸出とは異なり、これら常設貸出ファシリティーからの貸出には「印」がほとんど付けられなかった。ここで詳細には立ち入らないが、FEDはディスカウント・ウインドウを通して準備預金を供給するのではなく、準備預金を「オークション」したのだ。FEDはこの新しい常設貸出ファシリティーを通じ、適格資産に対して一千兆ドルの準備預金を供給すると宣言した。買戻し契約と呼ばれるものも行われた。これはFEDが銀行の資産を、将来少し高い価格で売り戻す約束をして一時的に購入するというものだ。売買時の価格差があるので金利を付けるのと同じことになる。