イノベーションの本当の源は高賃金 by Tim Harford

1月11日にFinancial Timesに掲載された、Tim HarfordのWhat really powers innovation: high wagesの訳。誤訳の指摘お願いします。


500年前、世界の最富裕国―西欧諸国―は1人あたりで最貧国のたった2倍だけ豊かだった―ざっと比較して現代のスイスとポルトガルの間のような控えめな格差だ。産業革命の幕開けによって、2世紀前には1人あたり所得の比率が3:1になっていた。それが今では20:1ないしは30:1で、もし最貧困者と最富裕者を見比べればそれよりも大きな違いが見られるだろう。

これらの事実は説明に値する。このような不平等は現代世界の経済を定義するだけでなくその謎も提示している。ここでの基本的な話が、豊かな国はより優れた技術を持っているということだとすると、貧しい国がその技術を真似ることで素早く成長するのはまあまあ簡単だろう。中国はこれが真実だということを証明しているが、過去2世紀の間、こんなに劇的な追い上げ成長はまれだった。

多分この理由のために、経済学者はそれよりも、きちんと機能する裁判所、ほどよい税を徴収したりインフラに支出できる政府のような制度の重要性を指摘する傾向があった。

しかし多分結局のところ答えは技術なのだ。経済史家のロバート・アレンはなぜ産業革命が例えば中国などよりも英国でうまくいったのか研究している。アレンは文化的や制度的な説明を退け、代わりに経済的インセンティブに焦点を当てている。

例えば、英国がジェニー紡績機を開発していた一方で英国の陶芸家は不経済的な青銅時代の窯の技術を使用していたという事実を考えてみよう。その間に中国は熱風を循環させ工程のエネルギー効率を最大化する高度に洗練された窯のシステムを作り上げていた。どちらの文化のほうが革新的だったのだろうか? ボブ・アレンにとってはその質問は的外れだ。どちらの国も新しい技術を開発していたが、異なる経済的インセンティブに反応していた。

産業革命の黎明期、英国では労働力は高価で、石炭によるエネルギーはこの上なく安かった。これは大陸ヨーロッパではあまり当てはまらなかったし、中国やインドではその逆が当てはまっていて、労働力は安くエネルギーは高価だった。英国の賃金は大英帝国の貿易の成功のおかげで高かった。中国の発明者はエネルギーを節約する方法を探した。腕力を蒸気の力で置き換えることの見返りが明らかだったので、英国の発明者は労働力を節約する方法を探した。

ボブ・アレンの計算によると、1780年にフランスの企業家にジェニー紡績機を簡単​​に組み立てられる説明が提示されていても、それを組み立てる価値はほとんどなかっただろう。インドでは、それは明らかに赤字だっただろう。しかし英国では、その収益率はほぼ40%だった。英国の工学の天才たちなんてそんなもの: それは誰も労働力を節約する節約する機械を開発できなかったからではなく、誰もそれを必要としていなかったのだ。

これは産業革命の起こった場所についての説得力ある説明だが、ボブ・アレンのイノベーション観は自己強化スパイラルへと振り向かせるので、このコラムの始まりに提示した混乱に対する解決策でもある。高賃金は労働力を節約する技術への投資につながる。その投資はそれぞれの労働者がより強力な設備を操作してより多く生産することを意味する。このプロセスが段々と労働生産性を高め、そうすると賃金も上がりやすくなる。さらにイノベーションを起こすインセンティブだけが続いていく。

アレンが述べているように、中国とインドは、数世紀にわたって製造部門の発展に失敗してきた農業経済国ではなく、高度に機械化された英国の工業との競争によって国内産業が破壊された低賃金な製造国だった。なんとか英国と対等な条件を取り戻すのは積極的に産業政策を行い幼稚な産業を保護するために関税をかけた国々だった。それは英国が植民地には許していない戦略だったのだ。

  • http://twitter.com/rioikt Rio IKT

    最後から2つ目の文は次のように訳すと著者の真意に近くなるのではないかと思うのですが,どうでしょう。

    なんとか英国と対等な条件を取り戻すことが出来たのは,積極的な産業政策を行い未発達な産業を保護するために関税をかけた国々なのである。

    ということだと思います。そうすると,産業保護主義を擁護しているように見えるかも知れませんが,そうではないでしょう。現代の中国のように先進国の技術を真似ればもっと容易に劇的に経済成長できるのに,と言いたいのではないでしょうか。

  • http://www.gkec.info/ Masahiro Nishida

    “Those countries”というのは中国とインドのことでしょうから、「〜国々なのである。」と一般性を持たせた訳にするかどうかは微妙ですね。原文の文章が全体に簡潔でわかりづらいところもありますが、訳としては間違っていないと思うのでご勘弁くださいm(_ _)m

  • http://twitter.com/rioikt Rio IKT

    自分の方が間違っているかも知れないので,気が引けるのですが,少しだけ。

    この “Those countries” に中国とインドは含まれていないと思うのです。この those は関係代名詞 that の先行詞を明示するのに使っているだけではないかと。もし,この those に「それらの」という意味があるのであれば, “Those countries, which …” と非制限用法になるのではなかろうかと。

    釈迦に説法でしたら申し訳ありません。

    参考:こちらの例文8,9の前の解説
    翻訳教室
    第7回 関係構文の話
    http://www.honyakunoizumi.info/Class_007.htm

  • http://www.facebook.com/people/Yushin-Hozumi/100000475013170 Yushin Hozumi

    “they also present a puzzle” の “a puzzle” は、「混乱」というより「問題」「謎」の方がニュアンスに合っているのではないかと思います。

    「混乱」だと現実の経済が混乱しているように聞こえますが、この “a puzzle” が指しているのは、「技術を真似すれば追いつくのは簡単なはずなのに、なぜ差が開く一方なのか」という理論的な「謎」「問題」ですよね。

  • http://www.facebook.com/people/Yushin-Hozumi/100000475013170 Yushin Hozumi

    “governments able to levy reasonable taxes and spend the money on infrastructure”

    これは governments able ( to ( levy reasonable taxes ) and ( spend the money on infrastructure) ) というような構文で、”able to levy” と “able to spend” の両方が後ろから “governments” を修飾する構文ではないでしょうか。and や or で並列するのは、同じ格の語句が原則なので。(spend は基本的に動詞で、名詞だったら expense とかになるはず)

    つまり、「ほどよい税を徴収しインフラに投資できる政府」だと思います。

  • http://www.facebook.com/people/Yushin-Hozumi/100000475013170 Yushin Hozumi

    “a definite loss-maker”

    loss-maker というのは、loss = 「損失」 を make =「生み出す」者、という意味で、要するに赤字企業とかのことです。

    これは直前の文に対応していて、フランスでは損得なし、インドでは完全に損、という対比だと思います。

  • http://www.facebook.com/people/Yushin-Hozumi/100000475013170 Yushin Hozumi

    “rate of return” は「利益率」とか「収益率」といった定訳があるので、ここでもその方がわかりやすい気がしますが。

  • http://www.facebook.com/people/Yushin-Hozumi/100000475013170 Yushin Hozumi

    “operating more powerful equipment” は、単純に「より強力な機器・装置を操作・動作・稼動する」という解釈でいいと思いますが。

  • http://www.facebook.com/people/Yushin-Hozumi/100000475013170 Yushin Hozumi

    わたくしも Rio IKT さんの解釈のほうが自然な解釈である気がしますが。

  • http://www.facebook.com/people/Yushin-Hozumi/100000475013170 Yushin Hozumi

     loss はあくまで名詞なんで、「劣った製作者」とかだったら、lesser-maker とかそんな風になると思います。

  • http://www.gkec.info/ Masahiro Nishida

    そのような先行詞の使い方があるんですね、知りませんでした。ありがとうございます。(グラマーの授業で寝てたらあかんな…)

  • http://www.gkec.info/ Masahiro Nishida

    いつもありがとうございます。訳を修正しました。