「C. ローマー著「何が大恐慌を終わらせたか?」を読む」 by David Beckworth

以下は、David Beckworth, “Monetary Policy Ended the Great Depression…”(Macro and Other Market Musings, November 25, 2008)の訳。


「大恐慌を終わらせたのは財政政策ではなく金融政策であった」。1992年にJournal of Economic History誌に掲載された論文(pdf)で、クリスティーナ・ローマー(Christina Romer)はこう語っている。ここのところ、ニューディールを巡って、アレックス・タバロック(Alex Tabarrok)エリック・ローチウェイ(Eric Rauchway)、そしてポール・クルーグマン(Paul Krugman)らの間で激しい議論が戦わされているが、その渦中でタイラー・コーエン(Tyler Cowen)がローマーのこの論文に言及している。ここでローマーの結論をもう少し詳しく取り上げることで一連の議論をフォローアップしてみたいと思う。

ローマーの発見をまとめると次のようになるだろう。一つ目の発見;財政政策は1930年代前半から中盤にかけてにおいてだけではなく1942年の時点においても重要なものではなかった(inconsequential)。ローマーのこの発見は、第2次世界大戦に伴う財政政策[1] が大恐慌を終わらせたとする伝統的な見解に疑問を投げ掛けるものである。二つ目の発見;大恐慌を終わらせた要因は1930年代中盤ならびに後半に生じたマネタリーな動向に求めることができる。以下に彼女自身の言葉を引用しよう。

アメリカに向けて大量に金が流入し、それが不胎化される[2] ことがなかったために、1930年代の中盤ならびに後半においてマネーサプライは急速に増大することとなった。1930年代後半に生じた金の流入は主にヨーロッパにおける政治情勢にその原因を求めることができるが、最も大規模な金の流入は1934年にルーズベルト政権が平価切り下げに踏み切った直後に生じることとなった。つまりは、金の流入は歴史上の偶然の結果でもあり政策の結果でもあったということになる。加えて、金の流入がそのままマネーサプライの拡大につながることを許容する決定もまた(少なくとも部分的には)それ自体独立した一つの政策(政策上の選択)であった。すなわち、金準備の増大が低迷する経済の刺激につながることを願って、ルーズベルト政権は金の流入を不胎化しない旨を決定したのである。(pp. 781)

つまりは、事実上の(de facto)金融緩和こそが1933年~37年の景気回復と1938年以降の景気回復をもたらした原因だったのである。

以上の発見をもっと具体的に跡付けるために、ローマーは、「仮に拡張的なマクロ経済政策が実施されていなかったとしたらどうなっていただろうか」との反実仮想的な(counterfactuals)検証を行っている。つまりは、実際に実質GDPが辿った経路(実線)と仮に拡張的なマクロ経済政策が実施されていなかったとした場合に実質GDPが辿ったであろう(反実仮想的な)経路(点線)とを比較しているのである。これら2つの経路の差は当時実際に実施された拡張的なマクロ経済政策の重要性を表していることになる。まずは財政政策のインパクトから見てみることにしよう。

2つの経路の間には大して重要な違いが見られないことがわかるだろう。つまりは、1942年の時点においてでさえも拡張的な財政政策は実施されなかった(あるいは現実に採用された財政政策は経済刺激効果を持たなかった)のである。

次に金融政策のインパクトを見てみることにしよう。

2つの経路の間には大きな違いが見られることがわかる。ローマーは次のように結論付けている。「仮にマネーサプライがそれまでの平均と同じペースで拡大を続けていたとしたら、1937年においては実質GDPは実際よりもおよそ25%ポイント低い水準にとどまり、1942年においては(実質GDPは)実際よりもおよそ50%ポイント低い水準にとどまることになっていただろう。」

第2次世界大戦を巡る議論はこれで終わり、ということになろう。しかしながら、第2次世界大戦は通常語られるのとは異なったかたちで大恐慌の終焉に貢献した可能性がある点については触れておく必要がある。ローマーは次のように述べている。

しかしながら、ブルームフィールド(Bloomfield)やフリードマン=シュワルツ(Friedman and Schwartz)の分析が示しているように、参戦を表明したヨーロッパの国々からの資本逃避が生じ、アメリカに向けて金が流入したために、ヨーロッパで戦争開始が宣言された後にアメリカにおいてマネーサプライが急速に増大することになった。このように、戦争は、アメリカにおけるマネーサプライの急増をもたらすことを通じて、1938年以降の景気回復を手助けすることになった可能性がある。第2次世界大戦はアメリカにおける大恐慌の終焉を手助けした可能性があるわけだが、戦争に伴う景気拡張的な便益は財政政策を通じてではなくまずもってマネタリーな側面を通じて生じたのである。(pp. 782)

「重要なのは金融政策である(monetary policy matters)」ということが改めて思い起こされるというものだ。

(追記)ここではっきりさせておかねばならないが、ローマーが語っているのは、財政政策は効果を持ち得ない、ということではない。ローマーが語っているのは、当時財政政策は実のところ試みられなかった、というに過ぎない。この点について詳しくはマーク・ソーマ(Mark Thoma)のエントリーを参照してもらいたい。

  1. 訳注;軍事支出 []
  2. 訳注;不胎化=金の流入によって生じるマネタリーべースの拡大を相殺するために中央銀行が売りオペレーションを行うこと []