テイラールールの危機 by Benhabib, Schmitt-Grohe, and Uribe, JET 2001

Benhabib, Schmitt-Grohe, and Martin Uribe, “The Perils of Tayler Rules” Journal of Economic Thoery, 2001 の翻訳。


概要

学界に大きな影響を与えたJohn Taylorの論文(1993, Carnegie-Rochester Conf. Ser. Publ Policy 39, 195-214)以来、アクティブな金利政策フィードバックルール—インフレ率の上昇(下降)に対して1対1以上の割合で名目金利を引き上げる(引き下げる)政策ルール—は経済を安定させる、という多くの研究結果が蓄積されてきた。本論文では名目金利のゼロ下限を明示的に導入することで、アクティブな金利フィードバックルールがいとも簡単に予期せざる結果を引き起こしてしまうことを論じる。具体的には、その近傍で金融政策がアクティブとなる定常状態が局所的には一意に存在する一方で、経済がそのような定常状態のどれだけ近くにあったとしても流動性の罠—名目金利がゼロで、場合によってはデフレになる定常状態—へと収束する無数の均衡経路が存在することを示す。JEL Classificatoin Numbers: E52, E31, E63.