「公的債務についてドイツが知っていること」 by Tyler Cowen

以下は、Tyler Cowen, “What Germany knows about debt“(Marginal Revolution, July 18, 2010)の訳。ニューヨークタイムズに寄稿された記事への補足。


以下は、つい最近私がニューヨークタイムズに寄稿した記事の抜粋である。

“アメリカンケインジアンはこの社会民主主義モデルを許容する気は全くなく、内需と公的債務ではなく輸出に大きく頼った姿勢を批判している。しかし、ドイツの再興をサポートしているのはユーロの下落だけではない。

他のユーロ諸国のほとんどは適切な投資と改革を怠ってきたためドイツに匹敵するような成功を収めていない。さらに言えば、ユーロは2001年以来の平均価値よりも依然として高く、これは近年のドイツの成功が通貨の減価に帰属させることが出来ないことを意味する。

いずれにせよ、ドイツ人達は質の高い機械や技術(金ピカの自動車だけでなく)を輸出していて、それらは他の国の回復を助けるような製品なのだ。相対的に生産性の高い国家が不況を理由に成功している政策の変更を求められるというのは奇妙な状態だと言える。”

記事に対する補足として何点か言及しておこう。

1.私が解せないのは、なぜアメリカの左翼(left)がほぼ一枚岩になってケインジアンの政策提案(訳者注;財政刺激策)を支持しているのかという点である(この点に関して、ジェフリー・サックスだけは例外だが)。政府の運営方法をめぐっては他にも様々な社会民主主義モデルがあるにもかかわらず―ドイツがその例の一つである―、ここアメリカにおいては、財政政策に対するアプローチは、良くも悪くも、アメリカ特有の「やればできる」精神に覆われているようである。ポール・クルーグマンに対してコメンテーターらが様々な批判を加えているが、彼の議論に見られる規範的な側面は脇に置いておくにしても、アメリカ的な性質を濃厚に備えた思想家という点で彼クルーグマンは際立っている。この点については彼の著書『The Conscience of a Liberal』を参照してみればよかろう。アメリカの左翼がほぼ全員一致でケインジアン的な財政政策を支持している理由について-それもクルーグマンを歴史的な文脈の中に適当に位置付けながら-そのうち誰かが詳細な(それも規範的な観点に立つものではない)エッセイを書くべきだろう。

2.以下のような主張を耳にしたことがあるかもしれない。「すべての国が同時に経常黒字を生み出すことはできない」、「すべての国が貿易の拡大を通じて景気回復を実現することができるだろうか?」。2番目の質問を次のように言い換えてみよう。「個々人が取引を拡大させることを通じてヨリ高い所得水準に達することができるだろうか?」。この質問にどう答える? 個人にとっても一国経済にとっても、真に重要であるのは、生産性の上昇によって牽引された輸出(あるいは取引)の拡大なのである。生産性の上昇に支えられた輸出拡大は世界経済全体の安定化につながることだろう。

3.実際のところは、(需要サイドばかりではなく)供給サイドにも乗数が存在しており、さらにはこの乗数は持続可能なものでもある。

4.「財政緊縮」(fiscal austerity)というフレーズはミスリーディングであるかもしれない。この文章の第2パラグラフで述べられていることとは反対に、大半の「財政緊縮論者」(”austerity advocates”)でさえも、現時点においては、主要各国経済は大規模な財政赤字を継続すべきであると考えている(ドイツも、金融危機直後においては、一時的にヨリ積極的な財政刺激策を実施した)。「財政緊縮論者」が考えていることは、財政赤字の水準をさらに高めたところでうまくいくことはないだろうということにすぎない。

5.アメリカ経済と比べれば、EUが流動性の罠に陥る可能性は小さい。とはいえ、どのような手段を通じてマネーサプライを増加させたらよいか、追加的な金融緩和によって増加したマネーサプライをEU各国間にどのように配分したらよいか、という問題は、EUにとっては厄介な政治問題となることだろう。格付けの低い(low quality)政府債券の買い取りは経済的な観点から見れば好ましい結果を生むだろうが、一方で、モラルハザードや(EU各国の人々が感じている)公平性の感覚等の問題を悪化させることになるだろう。後者の問題に対してもっと注意が向けられるべきである。