新年の希望への絶望 Joseph E. Stiglitz

新年の希望への絶望
Joseph E. Stiglitz

翻訳2発目です・・・次はFTに発表されていたDr.Doomこと、Roubiniの文章にしようかと思っております。

—————————————————————-

ニューヨークより-さて、新年の抱負を決めよう。反省の時間だ。去年が余りよい年でなかったなら、来年はいい年になるように希望をはせようか。

ヨー ロッパとアメリカは2010年は残念な年だった。バブルがはじけて三年、リーマンブラザーズの崩壊から2年だ。2009年に我々は恐慌の縁から 引き戻され、2010年は変革の年になるはずだった。経済が自立し、経済刺激策も徐々に減らされていく、そんな年のはずだった。

経済成長は2011年、やや減速するだろう。だが、経済の回復という長い道のりをみれば、ちょっとしたでこぼこに過ぎない。年の終わりには、今の大不況は悪い夢だと振り返れるはずだ。周到な政府の行動に支えられて、市場経済は回復を見せるだろう・・・と思われていた。

と ころが、2010年は悪夢だった。アイルランドやギリシアの経済危機はユーロの信頼性に疑問を呈し、債務デフォルトの懸念さえ抱かれた。大西洋の 両方の国々で失業率は10%台に高止まりした。ローンを抱える米国民の10%がデフォルトしてもなお、住宅の差し押さえは増えているかのように見え た。(差し押さえの実行をお上が”邪魔”して無ければもっとひどくなっていただろう・・・。やれやれ。)

不 幸にも、アメリカとヨーロッパの指導者がたてた新年の抱負は間違いだ。経済危機の原因になった、民間セクターの失敗と浪費の問題に、政府は公共部 門の節約で解決しようとしたんだ!こんなことをしたら、経済の回復ペースは鈍るし、失業率が適正値にもどるまでもっとかかる。経済競争力も下がるだろう。 中国が教育、技術、インフラに投資をしている一方で、ヨーロッパやアメリカは節約をしている。

苦 難を耐え忍ぶ美徳を説く、これが政治家の最近の流行である。一番苦しんでいるのは、間違いなく声の小さな貧困層や、未来の世代だ。経済を前進させ るためには、だれかが何らかの痛みを引き受けなければならない。収入格差の拡大をみれば、だれ引き受けるべきかよくわかる。大半のアメリカ人の収入は12 年前よりも減ったというのに、全体の四分の一の収入がたった1%の人々にあつまっているんだ。

よ うするに、アメリカ人の大半はいわゆるGreat Moderationの恩恵をちっとも受けてない。単にバブルの生みの親だったのだ。さて、バブルを無自覚に生み出した「無実の罪人」や、そんな「偽りの 繁栄」の恩恵に預かれなかった人たちは、この1%の人々からもっとおカネを貰うべきだろうか?

ヨー ロッパとアメリカは、人材の質、資源、資本において不況の前と変わらない質を保っている。過大評価されていた資産もあるかもしれない、が、概して資産その ものはまだにそこにある。すなわち、金融危機の前、金融市場は資産配分を大きく間違えたのだ。だから、資源が危機が始まった頃よりも多くの資源 が最適化されずにいる、ということだ。

債 務の再編、すなわち住宅ローンや時には政府債務の損金処理、が鍵となる。これはいずれ必ず起こる。再編が遅れれば代償は高くつくし、そんなものを 払う意味は全くない。銀行はもともと不良債権を認めたがらなかったし、いまでは貸し倒れ分の損金計上をいやがっている、少なくとも、トレーディングや、高 い貸し出し利率と低い借り入れ利率の差額で儲けて、十分に資本の再調達ができない限りはそんなことは無理だろう。金融業界は政府にプレッシャーをかけて全 額が払い戻されるようにする。そうすることが、社会的な損失、高い失業や、経済の疲弊が生じようとも、自分の間違った貸し付けが問題を起こしたのであろう とも、知ったことではな い。

我 々は経験則として、死後の世界ならぬ「破産後の世界」と言うやつがあるのを知っている。1999年から2002年にかけて、アルゼンチンが他の国にやっ た、あのトラウマを誰も望んではいない。経済危機は高い失業率と貧困率に加え、マイナス成長が引き起こした。アルゼンチンはIMFが救済に乗り出し て、緊縮財政を敷く以前からその危機を経験していたのだ。

債 務の再構成と通貨の切り下げを行って以来、アルゼンチンは驚異的なGDP成長率を見せた。003年から2007年まで年平均9%もの数字である。2009 年までに国民所得は、2002年の経済危機の底と比べると倍に増えていた。また、危機以前のピークと比べてもプラス75%に増えていた。

同 様に、アルゼンチンの貧困率は、危機の間のピークと比べて四分の一にへった。世界的な金融危機をアメリカよりも遙かに上手に乗り切ったわけ だ。アルゼンチンの失業率は高いとはいえ、8%程度だ。もし、アルゼンチンが、デフォルトを遅らせていたら状況はよくなっていたかもしれない-ということ は、もっと遅らせていたらもっとひどくなっていたかもしれないのだ。

さ て、私の新年の希望は、私たちをこの経済危機に引きずり込んで、緊縮財政と、債務リストラの先延ばしを唱えてる、いわゆる「金融魔術師」達を 我々が気にしないようになることだ。そして、すこしでも常識で考えることを始めよう。もし、痛みが伴うなら、その痛みは危機を引き起こした奴らやバブルで
儲けた奴らにまわしてやろう。

元記事 New Year’s Hope against Hope

http://www.project-syndicate.org/commentary/stiglitz134/English

  • http://twitter.com/hiyori13 Hiroo Yamagata

    「経済成長と思われたもの〜市場経済は回復を見せるだろう」の段落ですが、Growth, it was thought, のit was thought は、growthにかかるのではなく、その段落全体を受けるものです。2010年はこんなことになるだろうとみんな予想していた、というその前の段落の続きですな。ですからそれはもう段落の最後に持ってきて、「経済成長は〜回復を見せるだろう:そう思われていた」にしちゃえばいいんじゃないでしょうか。

    で、そういうことですからその次の段落の冒頭にあるIn factは、追認の意味での「実際」じゃありません。みんな2010年はそこそこ回復基調になると思っていた、というそれ以前の段落を受けて、「ところが実はふたをあけてみると、2010年は悪夢だった」と続くわけです。

    あと、途中のLegal snafu は、途中であまりにローンの返済不能が多いので、滞納しても無理に差し押さえなくてもいいよ、という法的にはいかがわしい制度にしたことを指します。だからその部分は「差し押さえは勢いを増した——つーか、変な法律上のインチキがなければそうなってたはずだし、その変なインチキのおかげであめりかの法治にもケチがついたよねー」という趣旨です。

    あと「住宅所有者、場合によっては、政府の債務再編が鍵になる。再編自体は起こりうる話だ。遅れれば高くつくことになるし、遅らせる意味は全くない。」の部分。eventually happen は「起こりうる」ではなく、「いずれ(必ず)起こる」ということです。待ってたって連中が住宅ローンを完済してくれるわけないので、どっかで取り立てできないお金は損金処理するしかなくなるということです。「債務の再編——住宅所有者の債務、そしてときには政府の債務を損金処理すること——が鍵となる。これはいずれ必ず起こることだ。が、それを遅らせるのはえらく高くつくし、そんな高い代償を支払う必要はほとんどないのだ」というくらい。

    ざっと見て目についたのはそんなんです。

  • http://twitter.com/hiyori13 Hiroo Yamagata

    あと、最後から二段落目のアルゼンチンのところ。fallen TO some three-quartersではなく、fallen BY some three-quartersですから、四分の三「に」減ったのではなく、四分の三減ったんです。日本語でそういう表現はなじまないので、四分の一くらいになった、としちゃえばいいでしょう。

    またその段落最後のWe could only conjectureは、想像するしかない、ということです。ただ表現としては、ここは「もっとはやくやっていれば、ずっとよくなったかもしれないね――でも、今より先送りしていたら、ひどい状況になってたはず」という対比を出して、最後の「先送り、いくない」というのを強調したい文章です。それをもう少し明確にしてはいかがかと。

  • http://twitter.com/hiyori13 Hiroo Yamagata

    ついでにその前の段落。「銀行は不良債権を認めたがらないし、底からの損失を認識するのもいやだろう。」ここは、銀行のかつての行動といまの行動を併置することで、相変わらずの根性の悪さを浮かび上がらせるところです。時勢に注意してください。

    「銀行は、もともと不良債権の存在を認めたがらなかったし、今では(貸し倒れ分を)損金計上するのをいやがっている。」ということです。

  • Pingback: Tweets that mention 新年の希望への絶望 Joseph E. Stiglitz – 道草 -- Topsy.com

  • http://twitter.com/Arista_999 Arista@2ch irc

    修正コメントありがとうございます。少しずつ直してかないと・・・ 

  • http://twitter.com/Arista_999 Arista@2ch irc

    修正終わりました。ながらくほっておいてもうしわけない・・・