新しいBOJに会ってみな、前のBOJとおんなじだ by Scott Sumner (10/5/2010)

原文はScott SumnerのブログのOctober 5th, 2010のポスト、Meet the new BOJ, same as the old BOJ です。なお、AP通信ニュースの引用部分は翻訳しません。日本のニュースを見てください。

タイトルは The Who の ”Won’t Get Fooled Again“ の歌詞からとっているようです。Wikipedeaによるとボスが変わってもレジームが変わらないガッカリ感とのこと^^

the disappointment that the new regime is the same as the old one – “Meet the new boss/Same as the old boss”.


こんなタイトルだが、私は彼らの直近の行動を支持するし、効果があるだろうと考える。残念ながらホンの少しの効果だろうけれど。これがストーリー

TOKYO (AP) — Japan’s central bank cut its key interest rate to virtually zero in a surprise move Tuesday and is looking to set up a $60 billion fund to buy government bonds and other assets as it tries to inject life into a faltering economy.

The Bank of Japan’s nine-member policy board voted unanimously to set its overnight call rate target to a range of zero to 0.1 percent, returning to zero rates for the first time in more than four years.

The decision underscores growing worries about the Japanese economy, which is being battered by a strong yen and persistently falling prices. The central bank had left rates untouched since December 2008 when it lowered the target to 0.1 percent.

Recent economic indicators point toward deteriorating exports, industrial production and corporate sentiment. Authorities intervened in currency markets last month to weaken the yen, but the impact was short-lived. Lawmakers repeatedly called on the Bank of Japan for more help.

.   .   .

The rate cut is the first step of a three-pronged approach outlined by the central bank to answer critics who had disparaged previous efforts as inadequate. It did nothing at its last meeting in early September, which followed an emergency meeting in late August when it expanded a low-interest credit program.

“It’s a good move,” said Kyohei Morita, chief economist at Barclays Capital Japan. “All that they announced today is something that is beyond my expectations.”

Other analysts agreed. Junko Nishioka, chief economist at RBS Securities Japan, said the central bank “made major progress” Tuesday.

Part two of what the BOJ describes as a “comprehensive monetary easing policy” is a pledge to maintain the zero rate policy until prices start rising again. That will probably take three or four years, which means rock-bottom rates are here to stay for a while, Morita said.

Japan last period of zero rates lasted for five years starting March 2001. Through its “quantitative easing” policy to boost the economy, the central bank flooded markets with excess liquidity to hold short-term interest rates near zero.

The final piece of the central bank’s strategy is the creation of a temporary 5-trillion-yen ($60 billion) fund to purchase financial assets such as government securities, commercial paper and corporate bonds in an attempt to stimulate the economy by lowering longer-term interest rates and risk premiums. About 70 percent of the fund will be used to buy long-term government bonds and treasury discount bills.

The central bank will offer another 30 trillion yen ($359 billion) through its loan program.

The rate cut gave an immediate boost to the stock market, with the Nikkei 225 index jumping 1.5 percent to 9,518.76 after spending much of tha day in the red.

1990年代の後期、日本の物価は許容できない水準に落ち込んだ。日本銀行は金利をゼロ近くまで引き下げ、ほんの少しのQEを行った。2000年にデフレは終わり、日本銀行は金融政策の引き締めをした。いかなるインフレをも発生しないことに成功した。引き締めると間もなく日本は再びデフレに戻った。2002年にデフレは許容できない水準になり、日本銀行は再び金利をゼロに引き下げ、大きめのQEを行った。もちろん大規模な資金注入はとてもインフレ誘導的だ。中央銀行がそれが一時的と表明しない限りは。日本銀行はインフレは許さないと約束することでそれを成し遂げた。インフレの恐れが出てきた2006年、日本銀行は再び金融政策を引き締め、金利を上げ、マネタリーベースを引き下げた(約20%)。これで日本は再びマイルドなデフレに沈んだ。今回再びデフレが許容できない水準に達したので、日本銀行は金利引き下げとQEを含む一連の措置を発表した。彼らによるとデフレはこれから3~4年続くだろうとのことだ。デフレが止まった時には、彼らは再び金融引き締めをすると約束しているだろうから、それが次のデフレ期間を作り出すのだろう。

なぜ彼らはこれを2年前にしていなかったのかって?いい質問だ。私は彼らが2008年遅くに大きなミスを犯していたと論じたい。しかしFedもECBもまったく同じ誤りを犯したから、日本だけを厳しく論評するべきではないと思う。もちろんFedは2008年の秋に明らかに実施すべきだった行動 — 当時彼らはその代わりに財政刺激を求めた — について検討しているけれど。

日本銀行は基本的な金融レジームを変えたようには見えない。ほぼ20年間に渡ってその政策は一貫していて、彼らが好ましくないと思うスピードでデフレが進むようになったら金利を下げQEし、インフレ率がゼロ付近まで上昇すると金利を上げてQEを逆転させる。今朝発表された政策は完全にそのレジームに整合的だ。私が間違っているならば良いが、日本銀行が自身のミスから何かを学んだという証拠がまったく見当たらない。

もちろんやらないよりはマシだ。このニュースで日経平均は1.5%上昇しこれが若干予想以上だったことを示唆しているけれど、基本的な力学を大きく変えるものでは全くない。日本銀行は1993年以来続いてきた名目GDPのゼロ(near-zero)成長を目指すのではなく、3%の名目GDP成長を目標とするべきだ。

二年前の今週、Fedはなるほど金融引き締め的な効果をもつ「準備預金への付利」計画を策定した。資本市場は近年まれにみる大下落(one of its biggest 10 day losses) に傷付けられた。彼らはようやく二年後の今ようやくいくらかの刺激策を受け入れつつある。ここで質問がある。2008年秋のこのFedの引き締め策を実質的に批判しなかったマクロ経済学者の皆さんに。

1. 政策には長く移ろいやすいラグがあるが、2007年12月に始まった不況に対処するための金融緩和政策(それもおそらく弱気な)を始めるのを2010年の11月まで待つことに意味があっただろうが?

2. 我々の著名マクロ経済学者たちは、どうして2008年10月にもっと拡大的な政策をFedに求めなかったのだろうか?

3. 2008年7月に0.5%だった期間5年のTIPS(インフレ連動債)の金利が同年11月までに4.2%まで急上昇したことをFedが静観していたことに文句がほとんど出なかったのはなぜだろうか?

4. 2008年暮れの対ユーロドルの急騰をFedが止めようとしなかった時に、どうして我々のエリートマクロ経済学者たちはほとんど批判をしなかったのだろう。

5. 2008年にFedが財政刺激を求めたとき。どうして経済学者たちはFedに「財政刺激(ニューケインジアン的戦略ですらない)が必要な程の状況なのだとしたら、どうしてあなたたちは金融政策を拡大しないのですか?」と尋ねかなったのだろう。

6. ジャネット・イエレンは2009年に、ゼロ金利ではFedにそれ以上できることはないと示唆した。今Fedに対して金融緩和を迫っている経済学者たちは、どうして2009年にイエレンの言葉を批判しなかったのだろう。どうして彼女はFRBの委員を務めるには不適格だと言わなかったのだろう。

7. わが国の著名なマクロ経済学者たちは、日本が流動性の罠にはまっていて「動きが取れない」と言い続けるのだろう。日本銀行の言葉と行動はそうではないのに。


 コメント欄のhicksian氏の指摘を反映しました。(10/6 22:30) ありがとうございます。