バラク・オバマ「アラン・クルーガーの逝去について」

“Statement from President Barack Obama on the Passing of Alan Krueger” Office of Barack Obama, March 18, 2019

https://twitter.com/tictoc/status/1107722650699337734


今週末,アメリカは1人の才能豊かな経済学者を失い,私たちの多くが1人の親友を失いました。

ホワイトハウスのチーフエコノミストを引き受けてほしいと私がアラン・クルーガーに頼んだ時,彼はすでに政府内外での華々しいキャリアを持っていました。私の大統領任期の最初の2年では,彼は過去80年で最悪の金融危機への対応の立案し,この混乱が第二の大恐慌へと陥るのを防ぐのに貢献してくれました。大統領経済諮問委員会の委員長を務めていた期間には,彼は経済が成長と持続的な雇用の創出へと回帰し,財政赤字を責任ある道筋まで引き下げ,賃金が再度上昇する場を整えるのに貢献しました。

しかし,アランは画面を上る数字や紙に書かれたグラフよりも奥深い人物でした。彼は経済政策を抽象的な理論の問題ではなく,人々の生活を良くする手段であると考えていました。彼は事実,理由,証拠によって政府の対応を改善できると信じ,彼の情熱と好奇心によって正に周囲も突き動かされました。彼が偉大な経済学者のみならず,複雑なテーマを取り掛かりやすくするだけでなく楽しいものにすらしてしまう偉大な教師であったのは,そうしたことが理由の一つです。最低賃金によるプラスの効果に関する現実世界の研究による画期的な発見。集中化した富と世代間の社会移動の関係を表した「ギャッツビーカーブ」の発案。ロックンロールの経済学を理解することでがどのようにして彼の最も深い関心事の一つ,すなわち変貌する世界において中間層を再構築するということの解決をもたらしうるかについてロックの殿堂で行ったノリに乗ったスピーチ。こうしたことすべてにおいて,彼は笑みを絶やさず,温和な精神を持っていました。それは誰かの誤りを正している時ですらそうだったのです。だからこそ彼はアラン,根っからの良識ある礼儀正しい男性だったのです。

今日,私の思いは彼の妻であるリサ,子供のベンとシドニー,彼の多くの生徒や同僚,アラン・クルーガーを愛し,彼を惜しむすべての人々とともにあります。