Monthly Archives: 6月 2011

「「スラック」の推計に基づいて金融政策を決めてはいけない」 by Scott Sumner

以下は、Scott Sumner, “Don’t base monetary policy decisions on estimates of “slack”“

「記憶にとどめておくべきエピソード;1937~38年のアメリカの不況から得られる教訓」 by Nicholas Crafts and Peter Fearon

以下は、Nicholas Crafts and Peter Fearon, “A recession to remember: Lessons from the US, 1937–1938“(VO

「大停滞と大不況;回顧と教訓」 by Barry Eichengreen

以下は、Barry Eichengreen, “The Great Recession and the Great Depression: Reflections and Lessons(pdf)”

「マネー・ルールズ」 by Scott Sumner

昨年末の記事ですが、スコット・サムナーが http://www.nationalreview.com/ に寄せた “Money Rules” (DECEMBER 14, 2010)です。タイトルの

「QE2の波及メカニズム~QE2はどのようなメカニズムを通じて実体経済に影響を与えたのか?~」 by David Beckworth

以下は、David Beckworth, “How QE2 Worked”(Macro and Other Market Musings, April 4, 2011)の訳。 ポール・クルーグマン(Paul Krugma

テイラールールの弱点を修正 by Andy Harless  

Andy Harless のブログから、”Fixing What’s Wrong with the Taylor Rule“(May 13, 2011)です。Harless は三月にサムナーのブロ

「いまは金利を上げるときじゃない。」 by アダム・ポーゼン

イングランド銀行のポーゼンさんがフィナンシャル・タイムズに書いた記事。ポーゼンさんらしく日本への言及もあります。原文は「Now is not the time to raise interest rates」。もっと詳し

「ニュー・マネタリー・エコノミクス」は未だ健在 by Tyler Cowen

当該エントリは、Tyler Cowen “The “New Monetary Economics” is alive and well”(Marginal Revolution, 2011/06/02付)の翻訳である。“

「コモディティー価格と「1937年の過ち」」 by Gauti Eggertsson

以下は、Gauti Eggertsson, “Commodity Prices and the Mistake of 1937: Would Modern Economists Make the Same M