Monthly Archives: 5月 2011

政府が消費者を護るには- Becker

今回は趣向を変えて消費者保護の記事です。ユッケやこんにゃくゼリーなど食にまつわる話が多い日本ですが、アメリカでは国内線での苦情が多いようです。荷物がなくなった、接続できなかった、ひどい場合は雪で10時間以上機内で待たされ

「初めての量的緩和(QE)-大成功の物語」 by David Beckworth

以下は、David Beckworth, “The Original QE Program: A Smashing Success“(Macro and Other Market Musings,

「流動性の罠」 by Josh Hendrickson

以下は、Josh Hendrickson, “Liquidity Traps“(The Everyday Economist, May 9, 2011)の訳。 「流動性の罠」の唯一の有意義な定義は

タクシー乗数 by Matt Rognlie

Matt Rognlie から、”The taxi multiplier“(May 8, 2011)を紹介します。思うにエントリ自体はよくある「銀行貸出チャンネルは飽和してるでしょ」って話なのです

「政策短期金利がゼロ%の下限に達したとしても「流動性の罠」に陥る可能性は極めて小さい: Rognlieへの返答」 by David Beckworth

以下は、David Beckworth, “Liquidity Traps Are Very Unlikely, Even at the Zero Bound: A Rejoinder to Matt Rognlie”(

「「流動性の罠」は存在する: Cowenへの返答」 by Matt Rognlie

以下は、Matt Rognlie, “Yes, there is a liquidity trap: a rejoinder to Tyler Cowen“(May 2, 2011)の訳。Tyle

「私が「流動性の罠」の存在に懐疑的な理由」 by Tyler Cowen

以下は、Tyler Cowen, “Why I assign less weight to the liquidity trap argument”(Marginal Revolution, November 1, 20

どうしてCPI目標? by Matt Rognlie 

面白いと評判の Matt Rognlie から”Why target the CPI?“(May 1, 2011)を紹介します。その6日後にマンキューが自慢していた(原文、邦訳)論文を先に紹介して

スコット・サムナーのマネー観、マクロ観 by Scott Sumner

ブログ休筆中のサムナー先生の過去ログから、My views on money/macro(8. November 2009)を紹介します。タイラー・コーエン先生もサムナーの過去ログ全部嫁、とおっしゃっていましたので。この

「マンキューへの質問」 by David Beckworth

以下は、David Beckworth, “Questions for Greg Mankiw“(Macro and Other Market Musings, May 8, 2011)の訳。ポー