Monthly Archives: 7月 2010

美しいモデルと不都合な事実 by Scott Sumner

マクロ経済学者は確かにモデルが好きだ。マクロ経済学者は、何か新しくて興味深い様式化された事実に出会うと、即座にその事実を説明するモデルを作りたがる。実際のところ、マクロ経済学者がどれくらい自分たちのモデルが好きかというと

「今こそ金融刺激の時」 by Joseph E. Gagnon

以下は、Joseph E. Gagnon, “Time for a Monetary Boost“(The Huffington Post, July 21, 2010) の訳。 今週行われた議会

New York Times “公的債務についてドイツが学んだこと” by Tyler Cowen

以下は7月16日のニューヨークタイムズに掲載されたタイラー・コーエンの記事・Economic View – What Germany Has Learned About Debt – NYTime

失業の平均期間(median duration)

以下はGregory Mankiwの7月16日のMedian Duration of Unemploymentの翻訳。 今回の景気後退は随分違うもののように見える。そして近年の景気後退と比べるともっとずっと深刻なものに見

「公的債務についてドイツが知っていること」 by Tyler Cowen

以下は、Tyler Cowen, “What Germany knows about debt“(Marginal Revolution, July 18, 2010)の訳。ニューヨークタイムズに

「インフレとデフレ、どちらの心配をすべきか?」 by Mark Thoma

以下は、Mark Thoma, “Should You Be Worried About Inflation? What About Deflation?” (moneywatch.com, Ju

ハイエク・ロビンズなどによるケインズ・ピグーなどへの反論

[訳者] 1932年の英タイムズ紙に掲載されたケインズやピグーなどによる支出を薦め、不況時の倹約の害を説き、政府も支出をふやすべきだという投書への、ハイエクやロビンズなどのロンドン大学教授陣からの反論です。当たり前ながら

ケインズ・ピグーその他によるタイムズ紙への投書

訳者: 1932年のイギリス、タイムズ紙へのケインズ、ピグーなどによる大恐慌下での節約に反対する投書と、それに対するハイエク・ロビンズなどによる反対の投書がみつかったそうで、そのPDFが公開されています。クルーグマンがそ

日本の大不況の真実と重要性 by Adam Posen

以下は2010年5月24日付けのイングランド銀行のニュースリリース “News Release: The Realities and Relevance of Japan’s Great Rece

Fedは何をなしうるか? by David Beckworth

以下は、David Beckworth, “What Can the Fed Do Now?”(Macro and Other Market Musings, July 9, 2010)の訳。 Fedに何かできることがあ