Author Archives: hicksian

「第一次世界大戦の見過ごされがちな遺産 ~再建金本位制とヒトラーの台頭~」 by David Beckworth

以下は、David Beckworth, “The Other Important Legacy of World War One”(Macro and Other Market Musings, July 28, 20

「アベノミクスのこれまでの成果やいかに? ~ハウスマン&ウィーランド論文を読む~」 by David Beckworth

以下は、David Beckworth, “Abenomics at the Brookings Institution”(Macro and Other Market Musings, March 21, 2014)の

「アベノミクスのこの1年の成果を振り返る」 by Marcus Nunes

以下は、Marcus Nunes, “‘Abenomics’ one year on”(Historinhas, January 16, 2014)の訳。 一昨年(2012年)の9月のこと、経済を再び力強い成長軌道に乗せ

「俗流ケインジアン」(1997/2/7) by Paul Krugman

以下は、Paul Krugman, “Vulgar Keynesians”(Slate, February 7, 1997)の訳。[1] 経済学の分野もその他のあらゆる知的な営みと同様に「学問版・収穫逓減の法則」の影響下

「カーリー効果 ~都市は落ちぶれど、支持は高まる?~」 by David Henderson

以下は、David Henderson, “Curley Effect in California”(EconLog, May 4, 2012)の訳(一部省略)。 ジェームズ・マイケル・カーリー(James Michae

「Fedによるインフレ目標の実態 ~上限値としての2%~」 by David Beckworth

以下は、David Beckworth, “At Least the Fed Has An Inflation Target, Right?”(Macro and Other Market Musings, Septem

「ゼロ下限制約下における金融政策 ~3つの自然実験(準実験)~」 by David Beckworth

以下は、David Beckworth, “Monetary Policy at the ZLB: Three Quasi-Natural Experiments”(Macro and Other Market Musi

「ムードに流される非合理的な投票者? ~カレッジフットボールの試合結果が大統領選挙の行方を左右する?~」 by Tyler Cowen and Kevin Grier

以下は、Tyler Cowen and Kevin Grier, “Will Ohio State’s Football Team Decide Who Wins the White House?”(Slate, Oct

「自然災害に対する有権者の破滅的な投票行動」 by Bryan Caplan

以下は、Bryan Caplan, “Disastrous Voting”(EconLog, July 15, 2008)の訳。 アンドリュー・ヒーリー(Andrew Healy)は実証的政治経済学の分野における新世代を

「無能さの効能 ~信頼性のシグナルとしての無能さ~」 by Bill Petti

以下は、Bill Petti, “The Individual Utility of Incompetence”(Signal/Noise, October 19, 2010)の訳。 組織(政府組織や企業組織など)が機能