「第一次世界大戦の見過ごされがちな遺産 ~再建金本位制とヒトラーの台頭~」 by David Beckworth

以下は、David Beckworth, “The Other Important Legacy of World War One”(Macro and Other Market Musings, July 28, 2014)の訳。


第一次世界大戦がその幕を開いたのはちょうど100年前の今日(7月28日)のことである。100年を経過したことを記念して第一次世界大戦それ自体ばかりではなく、この戦争がそれ以降の時代にどういった意味合いを持ったかについても議論が沸騰しているところだ。NPR(ナショナル・パブリック・ラジオ)の番組の一つであるOn Pointでも第一次世界大戦がテーマとして取り上げられており、つい先ほどまで移動しながらずっとそれに耳を傾けていた。この番組では司会のトム・アシュブルック(Tom Ashbrook)が歴史家をはじめとした複数の専門家にインタビューを行っているが、大変面白くて多くの事を学ぶことができた――例えば、現在話題となっている中東やウクライナの問題の一部は第一次世界大戦後に着手された国境線の画定にまで遡ることができるということだ――。移動のお供としてこれ以上のものは望み得なかったことだろう。

しかしながら、この番組でもそうだったのだが、第一次世界大戦開戦100周年を巡る議論を眺めていると重要な点に言及されずにいることに気付く。第一次世界大戦がその後の国際金融システムにもたらした重要な遺産が見過ごされているのだ。第一次世界大戦は1870年から1914年まで続いた国際金本位制を粉々に破壊することになったが、終戦を迎えると世界各国は相次いで再び金本位制に復帰することになった。1914年以前までの国際金本位制は比較的良好に機能していたが、戦後に再建された国際金本位制はひどいまでの欠陥を抱えたものであり、1930年代の大恐慌(Great Depression)があれほど深刻なものとなるばかりか国際的な現象ともなった(世界中に波及することになった)原因は再建金本位制にある多くの論者の間で意見が一致しているところである。さらには、1930年代の大恐慌はドイツでナチス党が台頭する上で重要な触媒の役割を果たしたと語る歴史家もいる。例えば、アイケングリーン(Barry Eichengreen)とテミン(Peter Temin)は共著論文(pdf)の中で次のように語っている。

ナチス党が台頭した原因を巡ってはこれまでに数多くの議論が喚起され、その過程で大量のインクが消費されてきた。ドイツの経済状況とナチス党の躍進との間の関係を巡って競合する仮説が提示され、擁護と反駁が繰り返されている。しかしながら、「ナチス党は大恐慌の政党(大恐慌と浮沈をともにした政党)である」という点については疑い得ないところだと言えよう。ナチス党は1920年代の段階では泡沫政党の一つに過ぎなかったが、経済の状況(景気)が悪化するに伴って多くの票を集めるようになり、1930年の総選挙では第2党にまで躍進することになった。1932年に行われた最初の総選挙ではさらに議席を増やす格好となったが、経済の状況が改善傾向にあった同年の後半に実施された2回目の総選挙では議席を減らすことになる。パネルデータを利用した最近の研究の一つによると、仮に経済の状況がもっと早い段階で改善に向かっていたとしたら、ナチス党に投じられた票の数はもっと少なかったに違いないとの結果が得られている(注18)。ワイマール共和国の政治指導者たちの間で繰り広げられる政治的な駆け引きに明確な影響を及ぼす上でナチス党が最低でもどれだけの議席を得る必要があったかを明らかにする(政治プロセスを巡る)理論モデルは残念ながら持ち合わせてはいないが、仮にドイツの経済状況がもっとマシなものであったとしたら、ナチス党に対する政治的な支持はもっと少ないものであり、それゆえパウル・フォン・ヒンデンブルク(当時の大統領)がヒトラーを首相に任命する確率はそれだけ低下する格好となっていたに違いないとは言えるだろう。

欠陥を抱えた戦間期の(再建された)国際金本位制こそはこれまでに第一次世界大戦が生み出した問題の中でも最も重要なものの一つである。再建金本位制は大恐慌をもたらした。そして大恐慌はナチス党の台頭ひいては第二次世界大戦の勃発を支える格好となったのである。第一次世界大戦の重要な教訓、それは国際金融システムを正して歪みを無くしていくことがいかに重要かということである。

今回の話題と関連するエントリーとして“The Gold Standard Was an Accident of History”もあわせて参照されたい。

(追記)Francesco Lenziがツイッターで以下の興味深いグラフに言及している。ヒトラー台頭の背後にあったのはワイマール期のハイパーインフレーションではなく大恐慌であった。このグラフはそのことを指し示しているのだ。


「なぜ物理学者は経済学に惹かれるのか?」by Chris House

以下の文は、Chris House,”Why Are Physicists Drawn to Economics?“(Orderstatistic, March 21, 2014)の翻訳になります


「アベノミクスのこれまでの成果やいかに? ~ハウスマン&ウィーランド論文を読む~」 by David Beckworth

以下は、David Beckworth, “Abenomics at the Brookings Institution”(Macro and Other Market Musings, March 21, 2014)の


「アベノミクスのこの1年の成果を振り返る」 by Marcus Nunes

以下は、Marcus Nunes, “‘Abenomics’ one year on”(Historinhas, January 16, 2014)の訳。 一昨年(2012年)の9月のこと、経済を再び力強い成長軌道に乗せ


ウィリアム・イースタリー「援助議論の終焉―ジェフリーサックスによるミレニアム村の失敗―」

William Easterly “The Aid Debate Is Over The failure of Jeffrey Sachs’ Millennium Villages”


「俗流ケインジアン」(1997/2/7) by Paul Krugman

以下は、Paul Krugman, “Vulgar Keynesians”(Slate, February 7, 1997)の訳。[1] 経済学の分野もその他のあらゆる知的な営みと同様に「学問版・収穫逓減の法則」の影響下


「今日の危機 ― 金融・貨幣制度の抜本的改革のために」by MAURICE ALLAIS

Maurice Allais “La crise mondiale d’aujourd’hui -Pour de profondes réformes des institutions financières


NHK BIZ PLUS:ジョセフ・スティグリッツ・コロンビア大学教授へのインタビュー(10/30/2013)

以下の文は、NHK Biz plusの番組サイト、飯田香織経済キャスターブログから「10/30/2013 Joseph Stiglitz, Professor at Columbia University」の翻訳になりま


失業率統計は機能していない by Tim Harford

10月18日にFinancial Timesに掲載されたTim HarfordのUnemployment stats aren’t workingの訳。誤訳の指摘お願いします。 失業率はまったくもって単純な経済統計に見え


「カーリー効果 ~都市は落ちぶれど、支持は高まる?~」 by David Henderson

以下は、David Henderson, “Curley Effect in California”(EconLog, May 4, 2012)の訳(一部省略)。 ジェームズ・マイケル・カーリー(James Michae