英国労働党マニフェスト2017 財政信認ルール

労働党の財政信認ルール

これはLABOUR’S FISCAL CREDIBILITY RULEの非公式な翻訳です.

  • 労働党は,日々の支出のための財政赤字が5年を超えるようなことを終わりにします
  • 労働党は,政府債務が5年前より減少することを保証します
  • 労働党は,投資のためにのみ借り入れを行います

Read More


ベン・バーナンキ「日本の金融政策に関する考察」

以下は、Ben S. Bernanke, “SOME REFLECTIONS ON JAPANESE MONETARY POLICY“の翻訳になります。  今回、この会議に招待していただき、金融政


アンドルー・ポター「吹雪が露見させたケベック『社会の病理』」2017年3月20日

モントリオールの高速道が閉鎖され多くのドライバーが取り残された事態の背後にある問題は、単なる政治的機能不全より重大なものである。 “How a snowstorm exposed Quebec’s real proble


NHK NEWSLINE:ノーベル賞受賞者クリス・シムズへのインタビュー

以下は、こちらの翻訳になります。 ノーベル賞を受賞した経済学者が再び脚光を浴びている。クリストファー・シムズは広く受け入れられている主張に挑戦しようとしている。注目を浴びたのは、世界中の中央銀行家が集まる去年のジャクソン


真実を語るより問いかける。ドナルド・トランプの発言が問うことの意味を(さらにすべての意味)をどのように歪めたか by François Côté-Vaillancourt

ここのゲリラ翻訳デス http://induecourse.ca/raising-questions-over-telling-the-truth-how-donald-trumps-discourse-distorts


失業の背後にあるもの-21世紀において私たちが戦うべきもの by François Côté-Vaillancourt

こちのゲリラ翻訳です。http://induecourse.ca/what-hides-behind-unemployment-what-should-we-fight-for-in-the-21st-century/


「第一次世界大戦の見過ごされがちな遺産 ~再建金本位制とヒトラーの台頭~」 by David Beckworth

以下は、David Beckworth, “The Other Important Legacy of World War One”(Macro and Other Market Musings, July 28, 20


「なぜ物理学者は経済学に惹かれるのか?」by Chris House

以下の文は、Chris House,”Why Are Physicists Drawn to Economics?“(Orderstatistic, March 21, 2014)の翻訳になります


「アベノミクスのこれまでの成果やいかに? ~ハウスマン&ウィーランド論文を読む~」 by David Beckworth

以下は、David Beckworth, “Abenomics at the Brookings Institution”(Macro and Other Market Musings, March 21, 2014)の


「アベノミクスのこの1年の成果を振り返る」 by Marcus Nunes

以下は、Marcus Nunes, “‘Abenomics’ one year on”(Historinhas, January 16, 2014)の訳。 一昨年(2012年)の9月のこと、経済を再び力強い成長軌道に乗せ